カテゴリ:昔話 > 婚活してた頃の話

↓前記事


19

まぁ、恋バナと言っても

小学生の時の初恋と
二次元への恋しか経験が無いので

漫画の話を
あたかも己の経験であるかのように
語っていたわけですが…(爆裂に痛い奴)

20

まぁ、これも一つ経験か…



軽い気持ちで
参加する事にしたのだが


この後、婚活社会の縮図を
目の当たりにすることになるのである…


【次へ】


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村



↓前記事


16

私の女子ナンパ成功率は異常

17

「仲良さそうにしてたのに~」
って言われたけど

私の猫かぶりスキル異常だな??

マッチングカード記入するとき
チラッチラこっち見られて

明らかにこのおっちゃん
私狙いだな…?な空気が感じられて
より一層気持ち悪かった思い出…

18

今思うと30後半くらいの人だったので

30過ぎたら「アリ」判定だったのかも………


いや24歳を狙う30後半男性は
やっぱナシだわ……


己が高校生の時に赤ちゃんだった子やぞ…

女性の言う「年上男性好き」は
分別をわきまえた紳士の事であって

若い子好きのスケベジジィではない…


【次へ】


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村



↓前記事



婚活ボウリングに来たは良いものの

あまりの年齢層の高さに
完全にやる気を失った羽屋だったが

パーティは進んでいく…

12

何かやってた方が
楽しいだろうと思って
申し込んだけど

初対面でボウリングって
よく考えるとハードル高かった…

13

金払ってんだから
お通夜モードなんてもったいない!!

と、ひたすらボウリングを
楽しむモードに突入


ひたすらテンション上げて

14

ノリの良い女子たちで
よかった~~!!


(この時チラッと隣のレーンみたら
ひたすらお通夜状態だった)

15

頭ポンポンとか
ただでさえ見下されてる感が
好きじゃない


こちとら成人女性じゃ
ガキとちゃうぞ

気安く触んなゴルァ(思い出し怒り)


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


このページのトップヘ